募集期間
講座期間
対象者
定員
  • 本年度の募集受付は終了しました。

  • 当事業のサイトを公開いたしました。

新着情報一覧へ

オンライン講座(企業向け)のご案内

シニア活用のポイントやシニアの多様な働き方について学べる講座です

募集要項

募集期間
第1期
第1期の募集受付は終了しました。
第2期
第2期の募集受付は終了しました。
第3期
第3期の募集受付は終了しました。
受講期間
第1期
2023年11月1日(水)~11月30日(木)
第2期
2024年1月4日(木)~1月31日(水)
第3期
2024年2月19日(月)~3月18日(月)
参加対象者 55歳以上の中高年者を雇用する都内企業の人事担当者
定員 各期25名
受講料 無料
オンライン受講に
必要な動作環境

■ パソコンで受講の場合
・OS:Windows11、Windows10、macOS最新版
・ブラウザ:Microsoft Edge、Mozilla Firefox、Google Chrome、Safari

■モバイルで受講の場合
・OS:Android 6以上、iOS12.4以上
・ブラウザ:Chrome(Android)、Safari(iOS)

※ブラウザのJavaScriptおよびCookie機能は有効にしてください。
各ブラウザは、最新のアップデートが適用されていることを前提としています。

※全ての環境での動作を保証するものではありません。
セキュリティソフトウェアまたは、アンチウイルスソフトウェアのセキュリティ機能によって
当サービスの機能が正しく利用できない場合があります。

<再生画質と最低速度について>
・画質 360pで再生:必要な帯域 1Mbps以上
・画質 720pで再生:必要な帯域 3Mbps以上
・画質 1080pで再生:必要な帯域 7Mbps以上

※下り(ダウンロード)の速度が5Mbps以上で安定しているインターネット回線での視聴を推奨します。

回線速度の確認方法の一例:
Googleにて「internet speed test」と検索して表示される「インターネット速度テスト」より
「速度テストを実行」ボタンを押して、ダウンロードの速度を確認します。

参加の流れ

  • Step.1

    申込み

    申込期間中に本サイト
    からお申込みください。

    第3期受付は終了しました。

  • Step.2

    受講決定

    応募者多数の際は
    抽選により受講者を
    決定いたします。

    定員:各期25名

  • Step.3

    受講

    配信期間中は、
    講座動画を何度でも
    ご覧いただけます。

  • Step.4

    アンケート

    オンライン講座受講後、
    1講座ごとに
    アンケートの回答に
    ご協力ください。

お電話での問い合わせ

0120-024-054

受付 9:00~17:30
(土日祝日、年末年始を除く)

メールでの問い合わせ

受講スケジュール

オンライン講座開催日程

  • 1

    2023年)

    11月

    受付終了

  • 2

    2024年)

    1月4日
    ~1月31日

    受付終了

  • 3

    2024年)

    2月19日
    ~3月18日

    受付終了

オンライン講座について

共通講座

2講座受講必須

選択講座

4講座から選択して、2講座以上の受講必須

※1講座あたり1時間30分程度

お電話での問い合わせ

0120-024-054

受付 9:00~17:30
(土日祝日、年末年始を除く)

メールでの問い合わせ

オンライン講座内容

シニア活用の先にある、
企業の明るい未来。

本講座の目的

少子高齢化による労働力不足が課題となる中、企業にはシニア人材の活用が求められています。知識や経験が豊富なシニア人材を活用するためのポイントや事例等について学んでいただけるオンライン講座を実施します。

講座名 内容

共通講座(必須)

シニアの強みをいかして会社を
強くするシニア雇用のポイント
70歳までの就業機会の確保など、高年齢者雇用安定法の改正内容を押さえた上で、人材確保、イノベーションの創出などの経営課題を解決するためのシニア雇用のポイント(雇用、機会創出、育成、定着など)を理解する。
シニア活用事例紹介 シニア雇用のさまざまな課題に向き合い、戦力化している企業の事例を知る。自社の課題を分析し、各種の対策を取り入れられるよう検討する。

選択講座

シニアの能力開発 シニアの心身の変化や環境の変化を学ぶ。その上で働く意欲を向上させ、能力を開発してマインドセットをするための基本となるキャリアデザインを考える。
シニアへのマネジメント・
コミュニケーションのポイント
シニアを戦力化するために職場の上司がどうマネジメントするか、役割の与え方、有効な評価面談など基本の考え方と具体的なアプローチを学ぶ。また、職場における周囲とのコミュニケーションをよくする対策、意識啓発を考える。
シニアの採用、
多様な雇用のポイント
シニアの強みを活かす外部からの人材採用を考える。また、多様な雇用形式として、フリーランスの活用を中心に、個人委託、顧問契約など様々な形態を学ぶ。
シニアを活用するための
環境整備
シニアを活用するための各種制度の検討や設計についてポイントを学び、働きやすい風土づくりを検討する。

主な講師のご紹介

  • 加藤 深雪

    加藤 深雪 氏経営コンサルタント、産業カウンセラー、カウンセリング修士
    国家検定2級キャリアコンサルティング技能士

    複数の職種、企業で働いたのち、経営コンサルタント業界で20年以上働く。
    クライエントの販路獲得のためのウェブショップを運営し、2005年~2018年、首都大学東京(現東京都立大学)、オープンユニバーシティにて、起業講座、ウェブマーケティング講座などを担当。2020年からは「高機能自閉症スペクトラム就労者(大人の発達障がい者)を理解するための職場用介入プログラムの開発」について研究し、筑波大学大学院人間総合科学研究科生涯発達専攻博士前期課程修了し、一般社団法人あしたの働き方研究所を立ち上げる。

  • 木村 勝

    木村 勝 氏リスタートサポート木村勝事務所代表
    行政書士木村勝事務所代表
    国立大学法人電気通信大学特任講師(非常勤)

    鶴岡商工会議所「女性社員・シニア社員活躍推進のための処方箋」、渋谷区「知らないと後悔す
    る定年後の働き方」、一般社団法人 ビューティフル エージング協会「知らないと後悔する定年後の働き方」セミナー等、多数のセミナーを実施。ライフデザインアドバイザー(BAA)、心理相談員(THP)、著書 『働けるうちは働きたい人のための教科書』、最新刊に『ミドルシニアのための日本版ライフシフト戦略』(WAVE出版)。

  • 髙平 ゆかり

    髙平 ゆかり 氏株式会社マイスター60元常務取締役
    一般社団法人シニアセカンドキャリア推進協会 代表理事
    JADA(一般社団法人中高年齢者雇用福祉協会)専任講師 JADA PREP経営研究所研究員

    産業能率大学大学院経営情報学修士(MBA)、上級生涯生活設計コンサルタント(JADA)、一般社団法人シニアセカンドキャリア推進協会代表理事。1986年商社系人材会社に入社。以降、長年シニアの就労支援に携わる。豊富な経験に基づく実践的なアドバイスで2000名以上の支援実績を持つ。生涯現役社会の実現に向けた各種セミナー、各種メディアの出演多数。

  • 垂水 菊美

    垂水 菊美 氏株式会社キャリアンサンブル 代表取締役
    一般社団法人 あしたの働き方研究所 理事

    多様な人が生涯を通じて自分らしく成長する社会づくりに向けて、「キャリアオーナーシップ」
    「対話のある場づくり」を掲げて活動中。25年間の企業人経験を経て独立。年間を通じて、研修は120回以上、キャリアカウンセリングは300名以上。キャリアデザイン、ダイバーシティマネジメント・コミュニケーション、メンタルヘルス、ハラスメント防止、など。

  • 三浦 睦子

    三浦 睦子 氏サプナ社会保険労務士法人 代表社員
    一般社団法人組織と個人の在り方研究会 代表理事

    高校教諭を経て人材派遣会社の教育トレーナーに転職。500名規模の正社員・契約社員の採用から育成、評価制度、昇給昇格制度を構築。2011年に独立し、雇用と組織作りの専門家 社会保険労務士としてコンプライアンスを踏まえたやりがいのある組織作りのために日々活動。シニアの再雇用、若年層の定着、女性の活躍推進など、「より良い働き方」とは何かを経営者とともに考えて支援している。

  • 仁平 幸子

    仁平 幸子 氏オリーブキャリア代表
    国家資格キャリアコンサルタント

    社会や組織の中で一人一人が自分らしいウェルビーイングな生き方・働き方ができるように、企業や行政等でキャリア支援を行っている。
    特にシニア世代のキャリア支援については、同世代としての共感的な支援を強みとして、「共に成長を楽しもう!」を軸に活動している。日本キャリア・カウンセリング学会会員、共著書「セルフ・キャリアドック実践」(金子書房)。

お電話での問い合わせ

0120-024-054

受付 9:00~17:30
(土日祝日、年末年始を除く)

メールでの問い合わせ